JA

Thunderbolt 2 Audio Interface with premium sound quality

Steinberg は、オーディオインターフェースを再定義します。
プロフェッショナルのレコーディングに求められる機能と入出力、拡張性をクリアした上で、32ビット整数 / 384 kHz という新次元の音質に到達。Rupert Neve Designs の SILK エミュレーションを搭載したハイブリッドマイクプリアンプは、透き通った音色から音楽的なサチュレーションまで、自在な音の表現を可能にします。超低ジッターを実現する SSPLL、DSP によるモニタリング& エフェクト - AXR4 は、音楽制作を新しい時代に導くオーディオインターフェースです。

- Version 1.1 Update: Windows 10 / Mac 対応 -

32ビット整数 / 384 kHz

AXR4 が搭載する最先端のコンバーターは、サンプリングレート 384 kHz および 32 ビット整数フォーマットという、マルチチャンネルオーディオ I/O として未到の音質を実現しました。

AXR ハイブリッドマイクプリアンプ

ヤマハの最新デジタルミキサー RIVAGE PM10 と共通方式のマイクプリアンプ。クリーンかつ自然なアナログサウンドと Rupert Neve Designs SILK のエミュレーションのコンビネーションにより、幅広いトラッキングを行えます。

Rupert Neve Designs SILK

Rupert Neve Designs のハイエンドアナログ機器に搭載されている SILK プロセシングを、ヤマハの VCM テクノロジーにより正確にモデリング。異なる特性を持った Red / Blue モードを搭載します。

SSPLL ジッターリダクション

プロフェッショナルのオーディオシステム構築において重要な課題であるジッターを最小化する、最先端テクノロジー。

dspMixFx AXR ミキシングソフトウェア

内蔵 DSP と dspMixFx AXR マトリックスミキサーアプリケーションにより、レイテンシーフリーのモニタリングとエフェクト、そして自由なルーティングを使用 DAW に関わらず実現します。

Thunderbolt 2

Thunderbolt 2 接続により、極めて低いレイテンシーと高い CPU 効率、充実した入出力、さらに3台までのシステム拡張が可能です。

主要 DAW ソフトウェアに対応

Core Audio に対応した多くの音楽制作 / 編集 / マスタリングソフトウェアで使用可能。また dspMixFx AXR により、どんな DAW を使った場合もレイテンシーフリーのモニタリングと DSP エフェクトを実現できます。
* 32ビット整数録音再生は Cubase 9.5.40 / Nuendo 8.3 / WaveLab 9.5.40 以降で可能です。

Cubase

Nuendo

Pro Tools

Studio One

Logic Pro

Ableton Live

Reaper

Cubase との統合

Steinberg Cubase* を使用した場合、さらに AXR4 は真価を発揮。DAW としての 32ビット整数録音 / 再生への対応に加え、入出力から DSP 設定まで、Cubase から直接 AXR のコントロールが可能になります。
* Cubase 9.5.40 / Nuendo 8.3 以降

Cubase AI バンドル

AXR4 には Cubase AI ダウンロード版が付属します。最先端の Cubase Pro と共通のオーディオエンジンを備えた無償 DAW により、スタジオクオリティの録音を購入後すぐに始めることができます。

dspMixFx AXR による DAW との連携

AXR4 は使用する DAW に関わらず、レイテンシーフリーのモニタリングを提供します。dspMixFx AXR アプリケーションによって内蔵 DSP ミキサーと DSP エフェクトをコントロールし、プロスペックのミキサーと DAW というコンビネーションで充実したレコーディング環境を構築できます。

28 x 24 マトリックスミキサー

カスタムメイドの DSPX チップは、28 x 24 マトリックスミキサーをはじめ強力なモニタリングミックスを実現します。dspMixFx AXR の Matrix Mixer ウィンドウでは、入力からミックスバス、DAW またはコンピューターシステムのオーディオからミックスバスへのルーティングを縦横グリッドで自由に設定できます。この他、Mixer、Matrix Mixer、Meter、Show/Hide Channels、Settings の5つのウィンドウにより全入出力レベルやルーティングを常に把握可能。これらの設定はシーンとして保存し、ワークフローに応じて呼び出すことができます。

AXR4 に込められたテクノロジー

次世代のプロフェッショナルサウンド

AXR4 はスタジオ、プロデューサー、そしてプロミュージシャンのための最高のオーディオインターフェースとは何か、徹底した追求のもと生まれました。

ハイエンドのセットアップで要求されるさまざまな接続とハイスピードのデータスループット。ピュアでクリーンな入力から SILK による音楽性豊かな色付けまで各 ch で選択可能な4つのハイブリッドマイクプリアンプ。

TRS ライン入出力 x 8、8 ch ADAT / S/PIDF x 2(または 8ch ADAT + 8ch AES/EBU)合計28入力と24出力、ワードクロック、MIDI 入出力、独立ヘッドフォン出力 x 2。

そして、既存のオーディオインターフェースを遥かに超えた、最大32ビット整数、384 kHz までの録音再生を可能にしています。

ハイブリッドマイクプリアンプ

オーディオインターフェースの入力段に搭載するマイクプリアンプは、I/O 全体のサウンドキャラクターを決定づける土台ともいえます。AXR4 が搭載するハイブリッドマイクプリアンプは、パーツの選択、構造、回路、電源、グラウンドなどすべてにおいて、ヤマハの音に対する哲学「ナチュラルサウンド」を実践すべく、徹底した調査と設計、改良を経て完成しました。最終的な音決めと調整はヤマハのエキスパートと第一線の外部エンジニアによって行われ、まさに「フラッグシップ」にふさわしいマイクプリアンプとして仕上がっています。

Rupert Neve Designs SILK

プロオーディオ界の最重要人物 Rupert Neve が手がけたマイクプリアンプは、その自然なコンプレッションやサチュレーションをはじめとする魅力的な音色により、世界中のレコーディングエンジニアにとって長年のデファクトスタンダードとなっています。そのエッセンスを凝縮した RND 社の SILK プロセシングは、ミックスで埋もれがちな音に、新しい命と力強さを与えることができます。

AXR4 のハイブリッドマイクプリアンプには SILK の2種類のモードが搭載されています。Red は高域中心に輝くようなエネルギー、Blue は低域中心にソリッドな力強さを加えます。また可変の Texture コントロールにより、倍音構成を音源に合わせて自在に調整できます。

SILK はチャンネル EQ やリバーブのかかり具合にも影響を与え、トータルサウンドにもサウンドに深みと立体感を与えてくれます。

SSPLL: 最新のジッターリダクションテクノロジー

オーディオ機器の数が増えるに従って、それぞれのデバイスのクロックの不一致は問題になり、聴覚可能なジッターとして発生してしまうことがあります。

これまで取られたきた代表的な解決法としては VCXO とサンプルレートコンバーターを持つ高価なマスタークロックデバイスをシステムに加えることでした。しかし、オーディオ機材がより安価になるにつれて、一部のメーカーは安価なクロックを採用し、これがシステム全体の適切な動作に悪影響を及ぼすケースも出てきました。

新開発のSSPLL™ (Super Suppression Phase Locked Loop) は、高価なマスタークロックと同等の性能を発揮します。SSPLL はジッターを除去する最も先進的なテクノロジーであり、極めて強力かつ、さまざまなクロック周波数に対して柔軟な性能を持っています。SSPLL は接続したすべての機器の信頼性を高め、最高のジッター抑制環境を提供します。

32ビット整数 / 384 kHz AD/DA コンバージョン

デジタルオーディオにおいて、まず重要なのは AD/DA 変換です。AXR4 では多くの期間を費やし、オーディオインターフェースのための究極のアナログ / デジタル変換を実現するためのベストなコンポーネントを追求しました。

私たちはオーディオインターフェースを新しいレベルに導くためのハイスペックを採用しました。32ビット整数コンバーターは飛躍的なダイナミックレンジの拡大にとどまらず、演奏のすべてのニュアンスをこれまでと別次元の解像度でとらえます。また静かで微かな音のディテールを、ミックス中にノイズや人工的なデジタル音なしでブーストすることが可能です。

一方でサンプリングレート 384 kHz への対応により、アンチエイリアシングフィルターの周波数を可聴帯域よりもはるかに高く設定でき、音の立ち上がりや減衰、ステレオイメージ、録音環境などをより詳細に再現します。

DSP エフェクト

内蔵 DSP により DSP エフェクトを駆動。定評ある Sweet Spot Morphing Channel Strip、REV-X リバーブに加え、新たにビンテージコンプレッサー VCM 276 とビンテージ EQ VCM EQ601 を搭載しています。

プロの制作環境に最良のシステムを

AXR4T は幅広い楽器やオーディオ機器と接続でき、Mac および Windows 10 ベースのあらゆる音楽制作システムにマッチします。4つの XLR/TRS コンボ入力はすべてファンタム対応、入力 1/2 は Hi-Z 対応によりエレキギターやベースの直結可能です。MIDI 機器やそのほかさまざまなアナログ / デジタルオーディオ機器も接続できます。また、Thunderbolt 2 経由で3台までのデイジーチェーン接続によるシステムアップにも対応します。

AXR4 セットアップシナリオ