Cubase 11
の新機能

ハイライト

インスピレーションを得るため、作品をより良くするための新しい方法。そして作業効率を上げるためのワークフローとパフォーマンスの改良。目標とする音楽的ゴールが何であっても、Cubase 11 はそこに辿り着くまであなたを支えてくれます。

ステムをよりシンプルに

ステムの書き出しは頻度が高く、また時間のかかる作業です。Cubase Pro 11 はこの仕事を大幅に高速化。ミスやエラーを減らし、より快適な書き出しを実現します。ステム書き出し範囲をプロジェクトの選択範囲と同期させることや、よく使うファイルフォーマットのプリセット管理が可能に。マスターバスエフェクトも含んだすべてのシグナルパスを通しての書き出しを行い、ミックスを完全再現することも簡単です。さらに、キューとしての書き出しに対応。必要な書き出し作業をまとめて一括実行し、その間休憩をとることさえも可能になりました。

Pro • Artist • Elements

サンプラートラック - スライス / ムーブ / グライド

Cubase 11 のサンプラートラックは多くの新機能を搭載。スライシングモードはクリック一つであなたのループを切り刻み、すぐに再生可能な状態にします。新たに加わった2つのグローバル LFO は音素材に動きを加えキャッチーに。サンプルエンジンにはビンテージフィールや Hi-Fi さを際立たせるクオリティモードも搭載。そして新しいモノレガートグライドは、ビートボックスのようなべースラインにぴったりです。他にも盛り沢山!

ProArtistElements

スケールアシスタント

曲作りをサポートする機能にスケールアシスタントが加わりました。キーエディター上で楽曲のスケールを設定することで、リードメロディやソロをスケールにクォンタイズしたり、演奏中にリアルタイムでスケールに揃えることができます。またスケール上のノートだけを表示するように切り替えれば、スケール内でのフレーズ作りがより簡単に。さらに、すでに録音された MIDI データをスケールアシスタントに解析させて、最適なスケールを提示させることさえも可能です。もうこれで、音を外しても言い訳はできませんね!

ProArtistElements

完璧なベンド

Cubase 11 はキーエディターの機能を大幅に向上。オートメーションと同様に、CC やピッチベンドレーンで傾きやカーブを描画できるようになりました。ピッチベンドのステップを半音にすれば、ベンドだけで音階フレーズも作れてしまいます。またすべての CC データを他の MIDI トラックにコピーでき、MIDI ノートをダブルクリックで素早く消せるようになりました。

ProArtistElements

驚異的に正確な Dynamic EQ

より良いミックスを得るために、数多くのメリットを持つダイナミックイコライザー。ついにこの威力を Cubase 標準で味わうことができます。Frequency 2 には8バンドそれぞれに Dynamic モードを追加しました。入力信号を帯域分割し、極めて正確なダイナミクス制御を実現します。さらに VST 3 の複数のサイドチェーンに対応した Cubase 11 ならば、それぞれのバンドに異なるサイドチェーンを設定することも可能です。

Pro • Artist • Elements

楽曲要素とシンクロナイズ

テンポや拍子の変更に曲のすべての要素が同期する。これはどんな音楽でも大切です。Cubase Pro 11 はキーエディター上にグローバルトラックを表示し、曲の重要な情報を常に見渡せるようになりました。キーエディター画面を離れることなく、テンポや拍子、コードと共にデータを扱えるので、より曲の進行に即したフレーズ作りや編集を行えます。

Pro • Artist • Elements

EDM を彩る Squasher

エレクトロニックダンスプロデューサーなら Squasher が必携! 最大3バンドに対しアップダウンコンプレッションを組み合わせられるこのダイナミクスツールは多くの場面でとても力になります。リードサウンドをミックスで際立たせたり、攻撃的なベースラインを手なずけたり、かすかなリバーブで彩ったり。驚くほど簡単に扱え、すばらしい音を生み出すツールです。

ProArtistElements

スコアエディターの新機能と追加フォント

多くの追加機能と改良を施したスコアエディター。新しい属性タブで楽譜の設定を素早く調整し、ノート編集オーバーレイにより、キーエディター同様の便利さで音符を編集できます。また SMuFL フォントフォーマットに対応することで、Dorico の美しい Bravura / Petaluma フォントを Cubase でも表示することが可能になりました。

Pro • Artist • Elements

Imager

よりクリーンなミックスを得るためのもう一つの強い味方、マルチバンドイメージャー。ステレオ入力を最大4バンドの帯域ごとに制御し、空間の幅を広げたり狭めたりすることができます。独立したスコープと相関性ディスプレイを使って完璧なパンニングを得ることができます。

ProArtist • Elements

SpectraLayers One での視覚編集

高度に視覚化したスペクトラル編集を可能にする SpectraLayers をコンパクトにして Cubase に標準搭載。オーディオの整音に抜群の効果を発揮します。しかしそれだけではありません。SpectraLayers 先進の分離エンジンにより、オーディオトラックからボーカルパートの分離も可能。お気に入りの曲のリミックスやマッシュアップ作成にも、大活躍するでしょう。

ProArtist • Elements

SuperVision

プロフェッショナルな制作に欠かせなくなる、フルカスタマイズ可能なマルチメーター解析ツール。レベル / 周波数分布 / 位相 / 波形解析のための様々なモジュールを最大9スロットまで自由にレイアウトし、あなたのサウンドを正確に視覚化することができます。

ProArtist • Elements

インスピレーションをくれる新しいサンプルセット

6つの新しいサウンド&ループセットで曲作りのインスピレーションを。グラミー受賞プロデューサー Beat Butcha によるヒップホップパック、ハリウッドで活躍するサウンドデザイナー Robert Dudzic によるシネマチックな Noir パック、そして Black Octopus Sound による Lo-fi hip hop、Dancefloor Tech House、Vocal lines、’80s Synth Wave が揃います。

ProArtist Elements

すべての新機能

オーディオ書き出し

書き出しキューにより時間を節約

Sampler Track 2

スライス / LFO / レガートグライドを追加

スケールアシスタント

設定したスケールでの再生 / クォンタイズ / リアルタイム演奏

進化したキーエディター

高度なピッチベンドの作成など

グローバルトラック

キーエディターで曲の情報を一望

Frequency 2

正確なダイナミック EQ を搭載

Squasher

リードやベースを彩る EDM 向けプラグイン

スコアエディター

ワークフローの改良と新しいフォント

サンプルコンテンツ

フレッシュな6つのサウンド&ループセット

SuperVision

カスタマイズ自在なメータリングツール

Imager

音の広がりを制御するマルチバンドステレオイメージャー

MultiTap Delay サラウンド

5.1 サラウンドに対応

Windows 10 可変DPI

より多くのスケーリングに対応

Cubase Artists/Elements の機能向上

最上位グレードの機能を移植

マルチサイドチェーン

入力アーキテクチャーの改良

Eucon 対応

最新 Avid コンソールに対応

VST Connect SE 5

リサイズ / HiDPI に対応した最新世代リモートレコーディング機能

ワークフローと UI の改良

作業をより効率的で簡潔に

Apple Metal アクセラレーション

Mac でのグラフィックを高速化

SpectraLayers One

オーディオの視覚的編集とパート分離

あなたにぴったりな Cubase を

シリーズ比較機能詳細

バージョンアップについて

アップデート(バージョンアップ)情報については、下記リンクをご参照ください。Cubase を 2020/10/14 以降にアクティベートされた場合は、無償にて Ver. 11 にアップデート可能です。

詳しくはこちら

What was new in Cubase 10 & 10.5

VariAudio 3

オーディオの補正編集をさらにクリエイティブに。スマートコントロールにより作業をスピードアップ。

EQ / スペクトラル比較

トラック間の帯域重複を正確にコントロール

MixConsole チャンネルカラー

背景の色分けでさらに視認性向上

ビデオレンダリング

MP4 (H.264) / 16ビットオーディオで書き出し

オーディオアライメント

複数トラックのタイミング合わせを簡単に。

MixConsole スナップショット

プロジェクトの異なるミックスや設定を保存し瞬時に比較可能。

MultiTap Delay

感性を刺激する多機能ディレイ

プロジェクトからトラック読み込み

データ交換やテンプレート作成がさらに容易に

HiDPI ディスプレイ対応

macOS の高解像度ディスプレイ表示に対応(Windows 10 では限定対応)。

新しいチャンネルストリップ

メータリング、機能、GUI を全面的に改良。

32ビット整数 / 64ビット浮動小数点オーディオ対応

高音質にさらに磨きをかけたオーディオエンジン。* Ver.9.5.40 以降と同等

AAF 対応

他社製アプリケーションとのファイル互換性をさらに向上。

Cubase 10

操作性、パフォーマンス、クオリティの全面な進化を遂げた DAW の最新形。