あなた専用のカスタマイズ 3D モニタリング

AI テクノロジーを最大活用して、あなたの耳に合わせた立体音響モニタリングを。Immerse と VST AmbiDecorder は、カスタマイズした頭部伝達関数 (HRTF) を用いて、極めて明瞭な立体音響ヘッドフォンモニタリングを Nuendo / Cubase Pro 上で実現します。

カスタムの HRTF を Cubase Pro / Nuendo で

音楽, VR/XR, ゲーム, 360°ビデオに

立体音響のモニタリングをより正確で明瞭に

undefined

個人に合わせた立体音響

私たちの脳は耳の位置や形に基づいて、音がどの方向から来ているかを把握することができます。しかし人間の耳は一人一人異なるため、音は外耳から鼓膜へ伝わる過程でそれぞれ固有のフィルターを通ります。これが頭部伝達関数 (HRTF)、いわば空間の音を認識するためのプロファイルです。

Immerse は AI によるマシンラーニングアルゴリズムを用いて、あなたの右耳の写真一つから数千もの特徴を解析します。そしてあなた個人の HRTF を作成し、Nuendo や Cubase Pro 上の VST AmniDecoder 上で使用できるようにします。強力なクラウドコンピューティングにより、この処理はわずかな時間で行われます。

undefined

Immerse の利点

Ambisonics の最適化は、音楽や VR/AR/XR、ゲーム、360º ビデオの立体音響を作成する理想的な方法です。Immerse と AmbiDecoder との組み合わせは、全方向から来るオーディオを通常のステレオヘッドフォンで再現し、立体音響空間を最も良い位置からモニターする事を可能にします。あなたはより正確に、それぞれの声や音源の位置を聴き取ることができます。またこれによりミックスもクリアに、それぞれの音の要素が埋もれることなく、くっきりと区別して配置できるようになるでしょう。

undefined

素早く簡単な設定

Immerse のインストール、VST AmbiDecoder とのセットアップは簡単です。あなた個人の HRTF をすぐに作成でき、Cubase Pro / Nuendo 上で立ち上げた AmbiDecoder プラグイン上で使用することができます。以下のビデオで方法を解説します(英語)。

AMBISONICS での制作ワークフロー(英語ビデオ)

Sound Design for VR, AR and 360 Video

Ambisonics Setup Guide

Mixing Music in Ambisonics

undefined
Slide 1 of 1
  • すばらしい! 自分の録音がこんなにもリアルに、自分の頭に飛び込んでくる感覚は初めてです。私たちは多くの 360° ビデオや VR、AR を手掛けますが、この効果は絶大ですね。
    Thomas Aichingerscopeaudio

Embody について

Embody はイマーシブエンターテイメントを発展させ、誰もが利用できるようにと、アーティスト、エンジニア、ゲーマー、そしてサウンドデザイナーで構成されたチームです。音響科学、人工知能そしてサウンドデザインの原則を組み合わせ、Embody はアーティストの素晴らしいイマーシブ制作を実現するソフトウェアやテクノロジーを開発しています。

...
 Immerse with VST AmbiDecoder