...

Q&A with Key Developer Alexander Gross

Cubasis 3 が他の音楽制作アプリに抜きんでているのはどんな理由ですか?
個々の音楽スタイルに合った機能とコンテンツをアプリに搭載していることが一つです。また、さまざまな音楽性のミュージシャンたちの要望に応えられるよう多彩なツールをデザインする一方で、すべての機能に直感的なユーザーインターフェースからアクセスできるようにする。これらが私たちが Cubasis 3 で追求したことです。

ユーザーはどのあたりで Cubasis 3.2 のパフォーマンス向上を体感できるでしょうか?
iOS 版で Audio Unit プラグインを使用しているミュージシャンは、これまでよりもプラグイン負荷が軽減されていることに気づくでしょう。また他の効果として、複雑なプロジェクトの安定性が大幅に向上します。そして、Android 版含めたすべてのユーザーがほとんどのプロジェクトにおいて DSP 使用量が減っていることを実感できるでしょう。これは特に、マルチコア CPU を積んだデバイスで顕著です。

Cubasis を iOS、Android 両方で開発することの難しさは何でしょう?
対応するデバイスの種類が、約 30 (iOS) から約 2,800 に増えます。そこで私たちは人気のある Android デバイスをおよそ2〜3ダース選び、開発および品質保証に用いる必要がありました。
スクリーンサイズの可能性も増えたため、UI のレイアウトを改良し、一部の Android デバイスメーカーによる修正の特色についても学ぶ必要がありました。しかし最も難しかったのは、iOS と Android ではレベルの小さいオーディオやパフォーマンスに重要なコードの扱いが違う、という点でした。これらすべてを踏まえて、私たちは両方のプラットフォームで可能な限り同じユーザー体験ができるように全力をかけたのです。