音楽制作

音楽をあなたの目に。そして耳に。

音楽の価値は、演奏や音質のすばらしさで評価されます。SpectraLayers はこれまでになかった強力かつ直感的な機能でその両方を支援。作業時間を節約し、ベストテイクを作成し、伝わるミックスに仕上げることで、アーティストやエンジニアの意図する最高の音楽をリスナーに聴いてもらうことに貢献します。

スタジオエンジニア

undefined

複数トラックを編集しミックスも目視

ほとんどの場合オーディオ編集は一つのトラックごとに行います。しかし結果として聴かれるのは他のトラックとミックスした状態であり、単体でなく音を組み合わせた場合のみ発生する現象もあります。SpectraLayers ではオーディオをミックスした結果を、個別のレイヤーと同様に詳細なスペクトルとして目で見ることができます。さらに、一つのレイヤーを編集した結果ミックスにどのような影響を及ぼすかを、リアルタイムで見ることも可能です。

ProElements

undefined

テイクの差し替えではなく修復を

SpectraLayers の革命的なリタッチツールは、素晴らしいパフォーマンスの一部をテイクコンピングするのではなく、同じテイクのまま部分修復を可能にします。たとえばスタンプツールを使って問題のある要素(たとえばギターのピック音)だけを差し替えたりできます。また柔軟な SpectraLayers のフェードマスクを活用すれば、これまでクロスフェードしていた範囲境界を、さらに柔軟に扱うことができます。

Pro • Elements

undefined

スペクトラルアライメント

タイミング修正の方法は多く存在しますが、それはどんな方法を使っても修正できないケースがあることの裏返しでもあります。波形は平均的な音量の変化を表すだけであり、どの音を揃えればぴったりになるかをいつも見れるわけではありません。またスペクトラルディスプレイは音楽的な特徴を表すことができますが、他のオーディオを参照しつつ変更する、という操作ができません。SpectraLayers のスペクトラルアライメントなら、複数のリージョンに渡って音楽的な流れを一望しながら時間軸を調整することが可能です。

ProElements

レコーディングアーティスト

undefined
Slide 1 of 1
  • Steve MorseGuitarist
undefined

完璧の呪縛よりパフォーマンスに集中

レコーディングにおいては常に完璧を求められるプレッシャーが支配します。しかし誰でも、すばらしい演奏をしながらも弦のスライドが軋んだり、ベースのピックアップを叩いてしまったり、息継ぎが大きすぎたり、ドラムスティックを落としたり、隣の鍵盤を一緒に弾いてしまったり…というミスがあるものです。SpectraLayers の消しゴムツールを使えばあなたの演奏を意図した通りに修復可能です。録音中は細かい事に囚われすぎず、音楽に集中してください。リアルタイムプレビューと視覚化されたクロスフェードを活用して、余計な要素を省き、すばらしいパフォーマンスを残しましょう。

ProElements

undefined

隠れた音の問題を明らかに

スペクトラルディスプレイは音がどうしてそのように鳴っているかを表示してくれますが、SpectraLayers ではさらに一歩進んで、音のミックス具合も明らかにします。正確なディスプレイとリアルタイムでの詳細表示によりサウンドを分析。音の問題箇所をピンポイントで見つけ出し、単一の音では大丈夫であってもミックスした状態でのみ発生するような問題も割り出し、修正することが可能です。

Pro • Elements

undefined

宅録をスタジオ録音並のクオリティに

自宅スタジオでプロジェクトを録音する場合、すばらしいトラックが録れたとしても、商業スタジオと違ってどうしても車や近隣の騒音が紛れ込んだり、マイクやギターの接触、電源ノイズ、音響の問題などが出てきます。SpectraLayers はスタジオクオリティのサウンドを再現することができます。まずリタッチツールで個々のノイズを除去し、次にレストレーションエフェクトを適用。Noise Reduction で環境ノイズを、Reverb Reduction で不要な部屋の響きを減らすことができます。

Pro • Elements