Drum Re-synthesizer

あなた自身のドラムキットを生み出す Backbone

キックやスネア、ハイハット、パーカッション、ライズやヒットを組み合わせてオリジナルのドラムキットを作りましょう。最大8レイヤーのサンプルを組み合わせ、減算式シンセや、Decompose、スペクトラル変換を用いてこれまでにない方法でサンプルを再構成。また最大8エフェクトを、2系統のバスで自由にルーティング — これらをすべて、無駄を削ぎ落とした UI で素早く処理 — Backbone はリシンセサイズ時代のドラムデザイナーです。

最大8レイヤーの直感的なドラムデザイン

ワンショットやループをリ・シンセサイズ

オーディオクリップをダイレクトに書き出し

VST / AU / AAX 対応

Backbone ならできること

ドラムサンプルをリシンセサイズ

シネマティックなヒット / ライズ / スウォーシュをデザイン

808をこれまでになくファットに

ドラムサンプルをフューチャーにワープ

トーンとノイズを分離して編集

オリジナルのドラムサウンドを構築

デモトラック

独自のドラムサウンドをデザインする6つの方法

サウンドデザインチュートリアル

How to use Resynthesize Part 1

How to Use Resynthesize Part 2

How to Use Resynthesize Part 3

Overview of Revolutionary Drum Design with Backbone

Creating a huge 808 trap kick bass

Create larger-than-life hybrid-layered snare

Slide 1 of 6
  • このサウンドデザイン能力もすごいが、Backbone の音楽性こそが僕にはガツンとくる。今まで絶対に出来なかった方法で、自分のサウンドにユニークな態度や個性を込められるんだ。この悪ガキはパンチが詰まっていて気前がいい。一瞬で満足するよ。
    SorceryDrummer and Producer
...

動作環境

Backbone
OS (Windows 64-bit)
Windows 10, Windows 8.1
OS (Mac)
macOS Mojave, macOS Catalina
PlugIn format (Win)
VST 3, AAX
PlugIn format (Mac)
VST 3, AU, AAX
ディスク空き容量
2 GB
ディスプレイ解像度 (必須)
1920 x 1080
インターネット環境
ライセンスアクティベーション, ユーザー登録等, インストーラーのダウンロード

Get inspired with VST Instruments

ハロウィンのテーマ音楽の作り方(英語)

Re-synthesize a 909

Creating Vocal Chops

Creating a Funky Groove

Behind the Scenes of a Demo Track for Iconica Opus

Building A Neo-Soul Groove with Vibrant

’80s サウンドトラック

6

トラップビートの作成