Colliding Worlds

相反する世界の出逢い

プロジェクトに鮮烈な印象を加えるパーカッシブサウンド。ハングドラムやゴング、ダラブッカなどエキゾチックな打楽器、タムタム、テンプルブロックなどの音階打楽器、さらに工場やキッチン、電子音、ループなど - 通常では交わる事のない異なる世界からセレクトされたサウンドが触発する閃き。Simon Stockhausen 監修の Groove Agent 拡張ライブラリーです。

エクスペリメンタルキット x 30

サウンド 3 GB 以上

コンプリートプロダクションキット

グルーヴパターン x 240

デモトラック

Simon Stockhausen について

ケルン近郊の音楽一家に生まれた Simon Stockhausen は5歳よりピアノ、サックス、ドラム、シンセサイザー、作曲の勉強を開始し、12歳から演奏活動をスタートさせました。以来、ジャズや即興音楽とのコラボレーション、室内楽アンサンブルの作曲、ヨーロッパのさまざまな劇場や、ベルリンフィル、ハンブルクオーケストラなどフィルハーモニー向けの音楽まで、彼の芸術活動は多岐に渡っています。

Simon は2009年に自身のサウンドデザインカンパニー Patchpool を立ち上げました。ソフトウェアシンセやエフェクトプラグインへのライブラリー提供を通じて、彼はさらに音楽への探求を深めつつ、サウンドデザイナー、ミュージシャン、ポストプロダクションエンジニアなどに貢献しています。

Colliding Worlds をオンライン購入

...

動作環境

Colliding Worlds
OS (Windows 64-bit)
Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
OS (Mac)
macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina
対応ソフトウェア
Groove Agent 4, Groove Agent SE 4, Groove Agent 5, Groove Agent SE 5
ディスク空き容量
3.3 GB

Get inspired with VST Instruments

ハロウィンのテーマ音楽の作り方(英語)

Re-synthesize a 909

Creating Vocal Chops

Creating a Funky Groove

Behind the Scenes of a Demo Track for Iconica Opus

Building A Neo-Soul Groove with Vibrant

’80s サウンドトラック

6

トラップビートの作成