感情をゆさぶる驚異のバイオリン

Cinematique Instruments による Vertigo Violin はレガートからスタッカートまで、バイオリンによる素晴らしいテクスチャーを豊富に揃え、ユニークな音色を作るパレットを与えてくれます。ソフトで癒してくれる音からエッジの効いた音、ちょっと変な音まで。シネマチック、サウンドトラック、コンテンポラリーと多くのスタイルにフィットする HALion ライブラリーです。

約 400 サンプル / 520 MB

癒しから風変わりな音まで

1-8バイオリンのポリフォニーにポルタメントを

VST / AU / AAX 対応

デモサウンド

undefined

ユニークなバイオリンアンサンブルを再現する 14 のサウンドソース

Fragile (1, 3, 4 players) - 指板側でとてもソフトに弾いた音色

Sul Pont (1, 4 players) - 駒の近くで弓を弾いた引っ掻き音の多い音色

Harmonics (1, 4 players) - ソフトなフラジオレット音

Motion (1, 4 players) - ロングノートとトレモロなどアーティキュレーション間を移行

Random Bounce (Leap) - 弦の上でランダムに、または2分 / 4分 / 16分で弓を跳ねさせた音色

3 つのリシンセサイズされたバイオリン - Fragile と Sul Pont 音にさまざまなエフェクトを適用した音色

undefined

Cinematique Instrument について

René Dohmen と Joachim Dürbeck は作曲家 / プロデューサー / アーティストとして音楽業界でキャリアを重ね、クラシックからエレクトロニック、さらに前衛音楽や映画スコアまで幅広い実績を残しています。いつも新しくユニークなサウンドを求めている彼らは、彼ら自身の経験に基づくサンプルライブラリーをリリースすべく Cinematique Instruments を設立し、今に至ります。

...
 Vertigo Violin

Get inspired with VST Instruments

ハロウィンのテーマ音楽の作り方(英語)

Re-synthesize a 909

Creating Vocal Chops

Creating a Funky Groove

Behind the Scenes of a Demo Track for Iconica Opus

Building A Neo-Soul Groove with Vibrant

’80s サウンドトラック

6