JA

WAVELAB 10 の新機能

WaveLab 10 は、マスタリング処理に関連したすべての機能を強化すると共に、さまざまなオーディオ処理業務の効率、自由度をさらに向上する革新的な機能を多数搭載しました。世界中のオーディオプロフェッショナルからの要望に応え、WaveLab の進化は続きます。

ハイライト

リファレンストラック – A/B 比較

オーディオモンタージュに、新しくリファレンストラックを作成可能になりました。リファレンスとなるオーディオファイルをトラックに配置し、作業中のモンタージュトラックと、途切れやレイテンシーなくスムーズに切り替えて再生し、音質比較を行えます。リファレンストラックはメイン出力や再生処理セクション、またはユーザー指定のトラック出力にルーティングでき、オーディオデバイスで余っている出力を有効活用できます。

Pro • Elements

ビデオ再生対応

オーディオモンタージュに、Cubase や Nuendo と同等の高性能ビデオエンジンによるビデオファイル再生機能を搭載。読み込んだビデオをビデオトラック上のクリップとして表示し、映像に対するオーディオのアレンジや編集、処理を行えます。

ビデオは新規作成したビデオトラックへのドラッグ&ドロップ、ファイルメニューから、またはオーディオモンタージュウィンドウのインサートタブから読み込めます。ビデオが含むオーディオのサンプリングレートがモンタージュと一致しない場合は、リサンプルしたコピーを作成することができます。またビデオ再生ウィンドウの切り離しとリサイズも可能です。

ProElements

外部エフェクト対応の拡張

外部 FX バスの設定により、ハードウェアエフェクト機器を WaveLab のシグナルフローに統合することができます。機器とオーディオインターフェースの出力(センド)と入力(リターン)を用いて、オーディオモンタージュ上で外部エフェクトをクリップ / トラック / 出力エフェクトとして用いることが可能。またマスターセクションのエフェクトスロットに External Effect ASIO プラグインをインサートすると、設定した入出力にてハードウェアに信号をルーティングすることができます。シグナルパスで外部エフェクトバスが用いられている場合、WaveLab は新しい「リアルタイムレンダリング」オプションを用います。(現時点では、外部エフェクトは一括処理には非対応です)

Pro • Elements

外部エディター対応

SpectraLayers、iZotope RX といった外部のオーディオエディターを WaveLab のワークフローに統合。オーディオファイルエディターでのオーディオファイル範囲や、オーディオモンタージュでのクリップ範囲に対する編集に、WaveLab から外部エディターを直接開いて活用できます。

エディターアプリケーションは最大5つまで使用でき、設定も簡単です。外部エディターに転送したいオーディオの範囲を選択した後は、編集リボンにある新しいエディターコントロールから、選択範囲を転送することができます。(オーディオモンタージュでは非破壊処理が可能)。ファイルやクリップの編集結果は、すぐに WaveLab に反映されます。

Pro • Elements

オーディオエディターの編集履歴

WaveLab 10 では編集の取り消し / やり直し履歴システムを刷新。オーディオモンタージュに加えて、オーディオエディターワークスペースでも編集履歴が使用可能になり、モンタージュ / エディターそれぞれ独立した取り消し / やり直しログを記録します。編集の操作を追跡する一般的な編集履歴とは異なり、新しい WaveLab のシステムではバージョンを記録します。バージョンは単なる編集操作ではなく、音声ファイル全体を意味します。

オーディオエディターでは、編集マークによりオーディオのどの部分が編集されたかを見ることができ、一部に施した編集を、他の箇所に施した編集は維持したままで、回復することも可能です。

ProElements

モンタージュインスペクター

これまでのエフェクトツールウィンドウを、マスターセクションスタイルのモンタージュインスペクターとして刷新。プラグインの扱いや対応する機能 - チャンネル処理、シグナルルーティング、エフェクトプリセットの読み込みやバイパス - も、マスターセクションと共通になりました。

インスペクターは専用のクリップ / トラック / 出力セクションに分割され、カラーツール(選択したクリップ、またはトラックエリアを選択した場合はトラック上の全てのクリップを色分け)、名前欄(選択したクリップ / トラックの名前を表示)、エフェクト / ゲイン / スロット タブを搭載。それぞれ豊富なメニューコマンドを搭載しています。

ProElements

オーディオモンタージュトラックリストの刷新

オーディオモンタージュウィンドウの UI を多くの点で改善。オーディオ / リファレンス / ビデオといったトラックタイプ毎にデザインの異なるトラックヘッダーとそれぞれ専用のコントロールを搭載しました。トラックの高さ、幅を各トラックで調整でき、複数のトラックを持つ場合は滑らかに縦スクロールも可能です。トラックヘッダーのドラッグ&ドロップでトラックの順番変更も可能になりました。

ProElements

ライブ入力ストリームレンダリング

WaveLab 10 では、ライブ入力ストリームを、マスターセクションおよびインサートプラグインチェーンを通して直接録音やレンダリング可能。オーディオ入力数やあなたのシステムのパフォーマンス次第で、より多くの処理が行えます。この機能によりオーディオの入力バスをいつもモニターでき(マスターセクションから直接、またはマスターセクションのチェーンを通して)また、マスターセクションのプラグイン(外部エフェクトを含む)を通してレンダリングし、また複数ファイルの同時録音を行えます。それぞれに異なるプラグイン、異なるファイルフォーマットで出力することが可能です。マスターセクション上部のライブ入力ボタンでバスやサンプリングレートの選択メニューが開き、ライブ入力をいつでも有効にできます。設定は、ファイルを開いていない状態でも可能です。

Pro • Elements

Further improvements

オーディオモンタージュでのマルチトラック録音 (Pro)

マーカー / CD リストの再生インジケーター追従

XML ファイルからマーカー読み込み

エフェクト / プレイバック処理スロットの増加

同時試聴可能なリアルタイムレンダリング

サードパーティー製 VST プラグインの互換性向上

再生パフォーマンスの向上

動作環境

Wavelab Pro 10
WaveLab Elements 10
WaveLab LE 10
OS (Windows 64-bit)
Windows 10
Windows 10
Windows 10
OS (Mac)
macOS High Sierra, macOS Mojave
macOS High Sierra, macOS Mojave
macOS High Sierra, macOS Mojave
CPU (必須)
64ビット Intel / AMD マルチコアプロセッサー
64ビット Intel / AMD マルチコアプロセッサー
64ビット Intel / AMD マルチコアプロセッサー
CPU (右記以上推奨)
Intel i5
Intel i5
Intel i5
RAM (必須)
4 GB
4 GB
4 GB
ディスク空き容量
4 GB
4 GB
4 GB
端子
USB Type-A: USB-eLicenser 接続用
OS 対応オーディオデバイス
インターネット環境
ユーザー登録等, インストーラーのダウンロード, ライセンスアクティベーション
ユーザー登録等, インストーラーのダウンロード, ライセンスアクティベーション
ユーザー登録等, インストーラーのダウンロード, ライセンスアクティベーション